麺承屋のこだわり

長崎 鎖国時代,日本で唯一海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。日本の中でも大陸に近く、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表現された「和華蘭(わからん)文化」は、長崎ならではの魅力です。
麺 長崎には異国の文化や風習を取り入れた多様な「麺」が数多くあり、素材や手作り製法にこだわった麺料理が今も食されています。
承屋 長崎麺承屋はこれまで先人より引き継がれてきた歴史と確かな技術に裏付けされた長崎の「麺」を受け継ぎ、更に未来へ伝承し、長崎の地から全国の皆様へ、厳選した長崎の「麺」をお届けいたします。
ド・ロさまそうめん

ド・ロさまそうめん ~よみがえった幻のそうめん~

明治12年(1879年)黒崎村出津の里(現在の長崎市)に赴任した、フランス人宣教師マルコ・マリー・ド・ロ神父(1840~1914)は、布教活動のかたわら故国から小麦粉を取り寄せるなどして村人達と共にそうめんづくりを始めました。

その後、第二次世界大戦の混乱の中でいつの間にか製造は途絶えてしまいましたが、昭和56年12月地元の方々を中心にド・ロさまそうめんの復活に取組みました。

幻のそうめんはコシが強くのどごしが良いのが特長で、温かいにゅうめんなどにも最適です。

長崎スパゲッチー

長崎スパゲッチー ~日本のパスタのルーツ~

1883年頃、フランス人宣教師マリコ・マリー・ド・ロ神父はマカロニ工場を建設し、村人と一緒にパスタの製造を始めました。

120余年の時を経て「復刻プロジェクト」で甦った日本最古のパスタ「長崎スパゲッチー」。

パスタらしい「弾力のある食感」と日本古来の手延べ製法ならではの「もちもちした食感」は、遠い故郷であるフランスやヨーロッパ、そして「マンマの味(お母さんの味)」へのオマージュが込められていたに違いありません。

マルコ・マリー・ド・ロ神父 Marc Marie de Rotz(1840-1914)

ド・ロ神父はパンやマカロニなどの製法だけでなく施設建設や事業のために私財を惜しみなく投じ、フランスで身につけた農業・印刷・医療・土木・建築・工業・養蚕業などの広範な分野に渡る技術を当時、貧しかった外海(現在の長崎市)の人々に教えました。私財を投じて地域の経済発展に貢献した神父の深い愛と人間愛に根差した偉業や遺徳は今もなお輝き、「ド・ロさま」と呼ばれ、多くの人々から敬愛されています。

五島うどん

五島うどん ~日本三大うどん~

千年以上の遥か昔、上五島に伝来した手延麺の製法が上五島の風土に根付き、長い時間の流れとともに、島に生きる人々の間でしっかりと伝承され、さらに島人の知恵と工夫とが加味されて、現在の「五島手延うどん」へと結実。

椿油を用いる麺はモチモチの食感、コシの強さ、喉ごしのよさが特徴。大きな鍋で茹でて、熱々のまま食卓へ運び、醤油と生卵を絡ませて食べる「地獄炊き」が有名です。

五島手延うどんのブランド「波の絲」は、五島うどんの中でも伝承の技を受け継ぐ9人の麺匠のみが作る事が出来る逸品です。

島原そうめん

島原そうめん ~国内第2位の生産県~

1637年、島原の乱により殆ど無人化した農村を復興すべく、入植した人たちによって島原手延そうめんは始まりました。

島原の穏やかな風土と、名水百選にも選定されている湧水が島原そうめんの美味しさの秘訣です。

延ばしとねかしを繰り返しながら麺を極細に引き延ばしていく伝統の手延べ製法。じっくりと時間をかけて熟成させることで生まれる、強いコシとなめらかな口あたりが特長です。

今回ご紹介する「雲仙颪」は、熟練された素麺作りの職人が、雲仙岳から吹き降ろす冷たい風”雲仙颪”で丁寧に乾燥させて作り上げたそうめんです。

配送方法・配送料について
¥ 5,000以上のお買い上げで送料が無料になります。
※配送方法は恐縮ですが当店で指定した宅配業者にてお送りさせていただきます。
お支払い
ショッピングページにて購入時に以下お支払方法から選択下さい。
■GMOイプシロン/クレジットカード(以下のクレジットカードをご利用いただけます)、ネットコンビニ等がご利用可
■代金引換/ゆうパック利用で商品到着時に代金お支払い
■店頭ご来店支払/店舗にご来店頂いての現金お支払い

VISAmaster cardJCBAMERICAN EXPRESSDINERS

営業時間
9:00~17:00(土日祝日を除く平日のみ)
住所
〒851-0134
長崎県長崎市田中町584-1
お問い合わせ
メールアドレス info@nagasaki-menshoya.com
電話 095-801-8844
交換について
商品の不良に伴う交換以外(お客様都合返品・交換)は受付出来ません。商品不良交換時は新品のご送付をもって交換とさせて頂きます。
交換は商品到着後2日以内にご連絡を頂き1週間以内に送料着払いでご返送下さい。
メールにて以下をご送付頂くか、電話にてご連絡をお願い致します。
・お名前   ・ご住所  ・お電話番号  ・商品名  ・商品交換理由